弘前市松原の小児科 河内小児科・内科クリニック

伝染性紅斑(リンゴ病)

伝染性紅斑(リンゴ病)

伝染性紅斑(別名りんご病)の名前は聞いたことがあるでしょう。パルボウイルスB19による感染症です。両頬や、腕、および大腿から下肢にかけて赤みの強い皮疹が出現します。頬はリンゴのように赤くなるために、リンゴ病とも呼ばれます。子供では一般に高い熱は出ず、全身状態もあまり侵されません。頬が赤くなった時には、すでにほかの人にうつしてしまう時期を過ぎているため、登園、登校は可能です。ただ、強い日光に当たったり、長時間戸外にいると赤みが長引いたり、一度消えたものが再び出現することもあります。

特殊な合併症もありますが、ふつうは心配しなくてもよいと思います。妊婦が感染すると流産の原因になることがあります。最近は大流行こそないもののいつも、どこかで患者さんが発生しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0172-88-1010

PAGETOP
Copyright © 河内小児科内科クリニック All Rights Reserved.