弘前市松原の小児科 河内小児科・内科クリニック

RSウィルス感染症

RSウィルス感染症

今年も毎月RSウイルス感染症が見られております。例年秋口から増えてくるのですが、今年は8月の真夏にも感染する児が多く昔のように流行の季節というものはなくなりつつあります。時に生後2か月とか3か月の乳児が感染して受診することがありますが、この年齢でRSウイルス感染症と診断した場合は、重症になり入院治療が必要になることもあります。

アメリカのデーターでは致死率がインフルエンザと同等ともいわれております。平成27年度に弘前市でRSウィルス感染症により亡くなった赤ちゃんもおります。

診断は、鼻汁などを調べると10分くらいでできます。(ただし1歳未満の乳児にしか検査が保険診療としては認められていません)保育園、幼稚園などの情報には注意してください。

呼吸がぜーぜーしている乳児は様子を見ていないで病院を受診してください。

鼻水と乾いた咳から始まりますので耳鼻科を受診しその夜には、重症化して入院した子どももいます。肺の聴診が大切な病気です。

2015年11月05日11時33分16秒

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0172-88-1010

PAGETOP
Copyright © 河内小児科内科クリニック All Rights Reserved.