ロタウィルス感染症

ロタウイルス感染症は以前冬の寒さの最中にみられるものでした。別名乳幼児冬季嘔吐下痢症とも呼ばれていました。しかし最近は3月から5月、まれには6月にも流行するようになってきました。時に高熱が出てひきつけを起こして、重症になることもあります。昨年春から津軽地区で今までに経験したことがないほどの流行がみられました。兄弟すべてがダウンすることも多く、学童でも感染する人がいます。しかし今年はほとんど流行していません。

さらにロタウィルスに対する予防接種が今年(2020年)10月1日から公費負担となり無料で受けられるようになりました。

2回法と3回法がありますがどちらも生後14週までに1回目をスタートしなければなりません。他のワクチン接種との関係もあり前もってスケジュールをたてることが大切です。

厚生労働省 感染性胃腸炎(特にロタウィルス)について